【超簡単】スマートキー電池交換を1分でやってみた!

【超簡単】スマートキーの電池交換を1分でやってみた。
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、自称節約家のしゃおです。

 

最近の車ってすごいです!

運転席に座ると、「スマートキーの電池が少ないよ」と警告が出ておりました。

 

てことで、この記事はスマートキー(キーレス)の電池交換方法についてです。

(2020年現在のスマートキーの構造ならば、どこのメーカーでもほぼ同じやり方のはず)

 

ディーラーやカー用品店に頼む方もいると思いますが、頼んで300円 ~ 500円払った(ボられた)方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

非常にもったいない!!

 

実はかなり簡単に、しかも1分でできるんです。

 

この記事をおすすめしたい方
  • 電池交換に必要なものを知りたい
  • スマートキーやキーレスの電池は、何が使われているのか知りたい
  • スマートキーやキーレスの電池交換を自分でやりたい

 

スポンサーリンク

スマートキー&キーレスの電池交換に必要なもの

スマートキー

 

必要なもの一覧
  • 新しいボタン電池
  • 小銭もしくはドライバー(小銭が隙間に入ればドライバーは不要)
shao
shao

私が見たことのあるキーの電池はCR2032やCR1632でした。電池を買う前に一度開けて、どの電池か確認しておきましょう!

CR2032

 

CR1632

 

『スマートキーの電池交換って自分でできるの?』と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、上記の2つがあれば簡単にできます!

 

※ マクセル:日本製

 

 

スマートキー&キーレス電池交換方法

10円もしくは100円を用意

スマートキーと小銭(100円玉)を用意
10円玉がなかったので、100円玉を使用しました。

 

メカニカルキー(非常用のキー)を引き抜く

押しながらメカニカルキーを引き抜く

まずはメカニカルキーを引き抜きます。

※ 電池が切れかけでドアが開かない時に使用します。普段は使用しません。

 

スキマに100円を入れてひねる

スマートキーのすきま

このスキマに100円を入れ、空いている手で100円をひねります。

空いている手で100円を持ち、キーを抑えながらひねる

 

※ ドライバーの場合は薄い布などを巻くことで傷防止ができます

※ 特にドライバーの場合は傷が付かないように、ゆっくりじわじわと力を加えていってください

 

上下に引っ張る

分かれたら上下に引っ張る

なるべく無理な力を加えないように、ゆっくりと引っ張りましょう。

 

新しい電池に交換

新しい電池に交換

爪が短い側(画像だと左)の奥から右方向に電池を起こすイメージでやれば外しやすいです。

 

上下 or 左右から押して元通り

上下もしくは左右からはめ込む

両手の親指・人差し指を使ってはめ込み、メカニカルキーを挿せば元通りです。

shao
shao

ついでにアルコールと綿棒で掃除しました。

 

おまけ

スマートキー、キーレス、通常キーとありますが、違いを曖昧にしか理解していなかったので、調べてみたので載せておきます。

スマートキー・キーレス・通常キーの違い

スマートキーキーレス通常キー
ドアロックの開閉ドアに触れる or ドアのボタンなどキーに付いているボタンカギを挿してカギをひねる
エンジンの始動/停止エンジン始動/停止ボタン取っ手を回してエンジン始動/停止カギを挿し、カギを回してエンジン始動/停止

 

  • 通常キーは昔のキーをイメージしてもらえれば良いです。まさに「カギ」ですね!
  • キーレスとスマートキーは車内に置いておくだけでエンジンを始動できます。
D君
D君

表の左に行くほどキー自体は高くなるけど、その分便利になると理解できればOK。

 

 

まとめ

スマートキー・キーレス電池交換まとめ
  • 必要なものは新しい電池と小銭(メーカーによってはドライバー)
  • 交換方法はメカニカルキーを抜いて、小銭をひねるだけ
  • スマートキーの電池交換は1分でできる
  • 自分でやれば電池代だけでOK

手順は以上です。

 

電池の予備があれば、いつでも交換が可能ですね。

CR2032

 

CR1632

 

本当に簡単にできるので、みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ではまた(#`・ω・´*)/

 

 

 

スポンサーリンク
shaoをフォローする
DiyNetBank

コメント

タイトルとURLをコピーしました