PC

隣の部屋にあるPCをスマホWoLで遠隔起動する方法(Wifi+LAN)

隣の部屋にあるPCをスマホWoLで遠隔起動する方法(Wifi+LAN)PC
この記事は約11分で読めます。
しゃお
しゃお

PCをスマホで起動したいけど、できる?

D君
D君

宅内なら簡単だよ。

しゃお
しゃお

おぉ!やってみたい。やり方はよ!

こんにちは、自称節約家のしゃおです。

 

この記事では、宅内環境(ご家庭のLAN内)でスマホから家の中にあるPCを「WoL(Wake on Lan)」で遠隔起動を試みた記事です。

 

この記事をおすすめしたい方
  • 隣(別)の部屋にあるPCをスマホで起動したい。
  • 隣(別)の部屋にあるPCを別のPCで起動したい。

 

スポンサーリンク

WoL(Wake on Lan)とは?

WoL(Wake on Lan)超簡単図解

 

D君
D君

簡単に解説するよ!

ひとことでいうと、『PCの遠隔起動』をするための技術

 

しゃお
しゃお

シャットダウンしたPCが起動できたのにはビックリしたね。

 

仕組みとしては図の通りで

スマートフォンからマジックパケットを送り、LANアダプターがマジックパケットを見つけると、マザーボード経由で本体の電源を入れるというもの

マジックパケットとは?
  • パケット(MACフレーム)の中に「FF-FF-FF-FF-FF-FF」という同期用シーケンスに続き、起動したいPCのMACアドレスが続いたデータが含まれる構造

出典:マジックパケット – IT用語辞典

 

WoLを使うのに、必要な環境は?

特別な環境は必要ありません。

  • PCの電源
  • LANアダプタ
  • マザーボード

上記3つがWoLに対応している必要がありますが、21世紀に入ってから作られたデスクトップ型PCならほぼ対応している。

 

PCの電源が切れているのに、なぜパケットを送信できるのか?

WoLに対応したPCは、本体が電源オフの状態でも、LANアダプターにわずかに電力を供給しているから。

※LANアダプターはマジックパケットを監視

出典:Wake on LAN(WOL)- 日経XTECH

 

他のOSはWake on Lan(Wol)が使えるのか?

Wake on LanでのWindowsPC起動は、スマホでなくとも可能です。

例えば

  • 別WindowsPCで「WoLアプリ」を使う(WOL SwitchやWOL Controllerなど)
  • ルータの機能を活用する

 

さらに、他のOSでもWolを使っている方がいました。

 

現在の環境

起動させたいPC(受信側)

項目内容
PCデスクトップPC
OSWindows10
CPURyzen 9
マザーボードASUS TUF GAMING X570-PLUS(WI-FI)
NICRealtek® L8200A
ネットワークアダプター
(ドライバ)
Realtek Gaming GbE Family Controller
ルータAterm BL1000HW(ホームゲートウェイ=auレンタル)
回線事業者auひかり
プロバイダビッグローブ
通信LANケーブルによる有線接続
ホームゲートウェイ – LANケーブル – デスクトップPC

項目により設定内容が若干変わるもの:OS・マザーボード・ネットワークアダプター

しゃお
しゃお

他は、宅内LAN環境なら変わらないはず。

 

遠隔操作端末:スマホ(送信側)

項目内容
スマートフォンAndroidスマホ
OSAndroid 9
通信Wi-Fi

Wake on Lan(WoL)アプリで起動できるので、スマホはAndroidでもiPhoneでも問題ありません

 

起動させたいPC(受信側)の設定

PC起動後、「F2」または「DEL」などを連打して、UEFI/BIOS設定画面を開きます。

※マザーボードのメーカーにより異なるので、画面表示をよく見て、キーを連打

UEFI BIOS設定

UEFI BIOS_WoL(Wake on Lan)設定前

  • ErP Ready(節電/省エネモード)Disabled(無効)
  • Power On By PCI-E(PCIEでの電源オン)Enabled(有効)

UEFIの設定が、上記2つと異なっていたら変更する。

D君
D君

節電/省エネモードが有効だと、電力が供給されなくなる場合がある。

 

※PCIE:Peripheral Component Interconnect-Express(PCI-Express)の略で、シリアル転送方式の拡張インターフェース規格。グラフィックボードの接続などに使われる。

 

UEFI BIOS_WoL(Wake on Lan)設定後

  • 私の環境では、Power On By PCI-Eのみ、「Enabled」に変更

 

UEFI BIOS_WoL(Wake on Lan)設定を保存

設定を変更したら、Save Changes & Resetを選び、設定を保存しよう。

 

UEFI/BIOSメニューからWoL有効化設定一覧
設定項目は、マザーボードやバージョンによって異なります。
  • ACPI (Advanced Configuration and Power Interface)
  • APM (Advanced Power Management)
  • APM Configuration
  • Power Management
  • PME Event Wake Up
  • PM Wake Up Event
  • Remote Wakeup
  • Remote Power On
  • Auto Power On
  • Wake-up on LAN
  • Wake Up Event Setup
  • Wake on LAN from S4/S5
  • Wake on PME
  • Power On By PCI/PCIE Devices
  • Power on by PCI devices
  • Power on by PCIE devices
  • Power on by PME
  • PCIPME Power On Control
  • Resume By PCI Device
  • Resume By PCI-E Device
  • PCIEによる電源ON

出典:起動される側のPCのWOL設定(1/3):BIOS/UEFIの設定 – n-Archives.net

 

 

ネットワークアダプター(ドライバ)設定

デバイスマネージャー

Windowボタン or スタートメニュー > 「デバイスマネージャー」と入力

または

Windowボタン or スタートメニュー > 右クリック > デバイスマネージャー

 

デバイスマネージャーからネットワークアダプター(ドライバ)を選択

デバイスマネージャーを開いたら、ネットワークアダプター > 自分が接続しているネットワークドライバ「Realtek PCIe GBE Family Controller」を選択し

ダブルクリック or 右クリック > プロパティ

 

Realtek Gaming GBE Family Controllerのプロパティ

プロパティを開き、「Wake on Magic Packet(ウェイクオンマジックパケット) 」を選ぼうとしたが、項目がない。。。

しゃお
しゃお

ここで一度詰まりました。

まあ、ドライバを更新すればいけるやろ!と思い、ドライバ更新ボタンから更新してみる。

ネットワークドライバーの更新

変わりませんでした。。。

 

D君
D君

ここから解決策

それならば、Realtek公式サイトから最新版をダウンロードだ!

Realtek公式_ネットワークドライバ_ダウンロードセンター

2つのうち、「PCIe」と付いている方でOK

 

zipファイル解凍後、setup.exeをダブルクリック

ダウンロード後、「Install_Win10_10045_12182020.zip」を解凍し、setup.exeをダブルクリック

 

ネットワークドライバ更新後

Realtek Gaming GbE Family Controllerのバージョン更新を確認

バージョンが「9.○○」から「10.45.928.2020」に更新されていることを確認

※バージョン9.○○の末尾は2015でした。

 

詳細設定タブを開き

Realtekネットワークドライバ_Wake on magic packet, WOLとシャットダウンリンク速度

  • ウェイク・オン・マジック・パケット(Wake on Magic Packet) →有効
  • WOLとシャットダウンリンク速度 →10Mbps優先

この2つを設定しよう。

しゃお
しゃお

私のPCでは、デフォルトで「有効」「10Mbps」だったので、確認のみ

 

つづいて、電源の管理タブを開き

Realtekネットワークドライバ_電源の管理_Magic Packetでのみコンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする

  • このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする
  • Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする

この2つにチェックを入れよう。

しゃお
しゃお

デフォルトで「このデバイス~」にはチェックが入っていたので、「Magic Packet~」の方のみチェックを入れたよ。

 

電源オプション設定

しゃお
しゃお

私は元々、高速スタートアップは非表示&無効化していたので、設定変更はしていないけど、今後のためにも設定方法は載せておく。

高速スタートアップを無効化

設定 > システム > 電源とスリープ > 電源の追加設定 > 電源ボタンの動作を選択する >利用可能ではない設定を変更します

D君
D君

非表示&無効化しているので表示はありませんが、普通は高速スタートアップの設定があります。

 

電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化_高速スタートアップを有効にする設定

スリープの上に

□高速スタートアップを有効にする(推奨)

とあるので、ここにチェックがある場合は外し、「変更を保存」をクリック

 

 

遠隔操作端末:スマホ(送信側)の設定

Androidのアプリで設定をしますが、先に以下を調べておきましょう。

事前調査すべき項目
  • 起動させたいPCのMACアドレス
  • 起動させたいPCのいるネットワークのブロードキャストアドレス

 

MACアドレスとブロードキャストアドレスを調査する

ショートカット「Windows+r」で、「ファイル名を指定して実行」のウィンドウを出す

コマンドcmd

cmd」と入力

 

コマンド

コマンドプロンプト_ipconfig all

すると、MACアドレスとブロードキャストアドレスが分かります。

  • 物理アドレス → MACアドレス
  • IPv4アドレスの第4オクテッドを255に変更 → 192.168.0.255

 

WoLアプリのインストールと設定

Android用のWoLアプリは数多くありますが、今回はよく使用されているWoLアプリ「Wake On Lan」を以下からダウンロードして使用します。

Wake On Lan – Play Store

 

インストールが完了したら、設定を行います。

 

Wake On Lanを起動(左:設定前、右:設定後)

スマホアプリWake On Lan設定_mypc追加前後

」を選択

 

スマホアプリWake On Lan設定_手動での追加

下方にフリックするとネットワーク上のデバイスを検索しますが、今回は「手動での追加」を選択

 

スマホアプリWake On Lan設定_mypc追加

  • ニックネーム → mypcなど、自分が分かる名前でOK
  • MACアドレス → 調査したPCのMACアドレスを入力
  • ホスト名/IPアドレス/ブロードキャストアドレス → 調査したブロードキャストアドレスを入力
  • デバイスID → 1を入力

上記4つを設定できたら、「デバイスの追加」を選択

 

※アプリでは、デフォルトで9番ポートを使用するようになっていますが、そのままでOK

※通常2304番ポートを使うという記事もありました。

Magic Packetは通常、2304番ポートを使う – Notes on Science

 

他の予約(使用)されていない番号であれば、自由に変更してもPCを起動できることを確認済みです。

しゃお
しゃお

WoLアプリのポート番号は「9」「2305」「60001」でも、PCを遠隔起動できることを確認したよ。

 

Wake on Lan(WoL)で起動できるか試す

WoLアプリの設定が終わったら、PCをシャットダウン後、さっそく起動できるかテストしてみました。

 

WoLアプリからmypc(ニックネーム)をワンタップするだけでPCが起動します。

スマホアプリWake On Lan_mypc起動

「mypc(ニックネーム)を起動しました」と表示された瞬間、PCの起動を確認しました!

 

まとめ

起動させたいPCの設定
  • UEFI/BIOSで、PCIEでの電源オンを有効化
  • ネットワークアダプター(ドライバ)でマジックパケットを有効化
  • 高速スタートアップの無効化
隔操作端末の設定
  • WoLアプリのインストール
  • WoLアプリの設定

あとは、WoLアプリから、起動したい端末のニックネームをスマホでタップするだけで起動

D君
D君

本当に便利ですね。

しゃお
しゃお

隣の部屋から、いつでもPCが起動できるなんて最高!

 

必要な方は、ぜひ試してみてください。

 

現場からは以上です!

ではまた(#`・ω・´*)/

 

 

 

スポンサーリンク
しゃお:管理人をフォローする
DiyNetBank

コメント

タイトルとURLをコピーしました