Life Up

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2レビュー!丸角天板こそ至高

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2レビュー!丸角天板こそ至高Life Up
この記事は約14分で読めます。
しゃお
しゃお

昇降デスクが欲しいけど、どれ買えば良いの?

D君
D君

FLEXISPOTが評判良くて、丈夫かつコスパも高いよ。

しゃお
しゃお

キミに決めた!

こんにちは、自称節約家のしゃおです。

 

寝室でPCを操作するために、FLEXISPOTの手動式スタンディングデスクを購入&組立をした一部始終の記録です。

 

自分で組み立てする上での、手順と注意点をまとめたので、良かったら参考にしてみてください。

 

※(注) 私はスタンディングしません!

ベッドに座って操作&デスクとベッドとの干渉を昇降機能で回避し、快適に寝るために購入を決めました。

 

この記事をおすすめしたい方
  • 昇降デスクを探している
  • FLEXISPOTの電動式と手動式、どちらを買うか迷っている or 決め手が欲しい
  • 手動式は、どんな感じなのか気になる(メリット&デメリット)
  • 天板の形や素材の違いを知りたい
  • 自分で組み立てる場合に必要なものを知りたい
  • FLEXISPOTスタンディングデスクの組立手順を細かく知りたい
  • 組立は1人でできるのか → 可能
  • 組立時の注意事項を知りたい
  • 手動式と電動式の昇降範囲&昇降時間&昇降スピードを知りたい

 

スポンサーリンク

FLEXISPOTから購入したもの

年末から年明けまで、入念に調査した結果、購入を決めたFLEXISPOTの手動式スタンディングデスクH2です。

 

項目内容
手動式スタンディング(カラー:ブラック)
天板丸角&140×70cm 丸角(カラー:ホワイト)

※Amazonだと、脚ブラックと天板ホワイトの組み合わせがありません。

※丸角の天板を選ぶときは、「直角」「カーブ」の表示がないものが丸角

 

もし、同じ組み合わせが欲しい方は、脚と天板を別で購入するか、Flexispotから直接購入しましょう。

 

140×70の丸角天板を私が注文したときは、Amazonは売り切れ、楽天のみ在庫ありということもありました。

 

FlexiSpot Japan公式Twitterで、クーポンやお得な情報をツイートしていることがあるので、購入の際は確認してみてください。

 

手動式&ホワイト天板(丸角)をなぜ選んだか

選択理由&メリット

脚︰手動式(ブラック)

  • コスパ◎(電動式1つの価格で、手動式が2つ買えるくらい圧倒的)
  • メモリ機能は、アナログメモリ(メモや記憶)で十分
  • 黒はスタイリッシュ&汚れやキズが目立たない(埃は目立つ)
    →埃は掃除の目安に

ホワイト天板(丸角&140✕70)

  • ブログ用の画像は、デスクで写真を撮ることが多いため、白 or メープルなど色が薄いものが良い
  • 白は清潔感があり、埃があまり目立たない
  • 逆に黒だと、スマートだが、写真を取ること&埃が目立ち過ぎることを考慮すると扱いづらい
  • メラミン樹脂化粧板強度◎
  • 丸角ラウンドエッジ加工処理で安全
  • 140✕70 → ウルトラワイドモニター設置予定、大は小を兼ねる、ベッドとの干渉が10cmと、ちょうど良い奥行

 

しゃお
しゃお

矢印(→)以降は、私の場合&考察

手動式のデメリット・疑問点(人による)
  • 昇降に時間がかかる?
    電動よりは確かに遅い。速く回せば、速く昇降できるよ
    →一番下から上まで、全力だと、昇りは35秒、降りも35秒(実計測)
    →電動式・手動式の昇降時間&スピードについては、こちらに記載
  • 昇降は手間?
    →一番高くまで上げることはないし、手間ではない
  • 手動式だと、昇降範囲(最低高)が710mm~しかない(H2は720mm~)
    →ベッドでの使用のため、最低高は使用しない。違う部屋で使用するときは、昇降できる椅子で対応可
    →身長によっては、高すぎる可能性。昇降できる椅子があれば問題なし
しゃお
しゃお

全力で回すと速すぎて、特に降りは頭と腕がこんがらがった(混乱した)w

昇降範囲&昇降時間&昇降スピードまとめ

D君
D君

参考程度

脚フレーム型番昇降範囲:昇降高(cm)昇降時間(秒)昇降スピード(mm/s)
E758~123:6517.138
E360~123:6316.638
EJ269~118:4912.938
EC1/EN171~121:502025
EG872~121:4919.625
SD155~89:3422.715
H272~123:513514.6
H171~121:5034.314.6

参考:脚フレームの比較 – FLEXISPOT

太字は計算で出した数値、太字は実際に計測

 

  • 電動式の昇降時間:計算
  • 手動式の昇降時間:実際に計測
  • 手動式の昇降スピードは、昇降高と計測した昇降時間から計算

 

Youtubeの型番E7のレビューで、昇降時間を計測したところ、18.6秒程かかっていたので、おおむね昇降スピードどおりの昇降時間ですね。

 

レビューの計測とのタイム差は、100cmを超えてから若干昇降スピードが落ちるためだと思われます。

電動式の実際の昇降時間は、上記表+1~1.5秒足した時間と考えておけばOK

しゃお
しゃお

手動式は回すのに慣れたら、SD1くらいは超えたいw

 

その他を選ばなかった&おすすめしない理由

しゃお
しゃお

頻繁に動かすので、電動式は結構迷った。

電動式スタンディングデスク
  • 昇降時に楽をしたい or 頻繁に高さを変える人向け
  • どうしてもメモリ機能が欲しいならアリ
  • 私も頻繁に高さを変えるが、今のところ苦ではない
  • 価格が高い(ただし、他のメーカーに比べるとコスパ○)
  • スイッチやモーターなど故障箇所が増え、故障する確率が上がる
  • モーターの保証が2年しかない
  • 故障時の修理代など、お金がかかる
  • 電源コードが邪魔
しゃお
しゃお

直角は子どもがいなければいける

直角の天板
  • 角がラウンドエッジ加工されていないため、価格は安い
  • 角が当たると地味に痛い
  • 特に、四つ角は尖っているため、刺さるとケガをする(特にこどもがいる家庭は注意) → 以前、ラウンドエッジ加工されていないデスクで後悔したので、今回は丸角の天板を購入
D君
D君

格好良いのは最初だけ。どうせ見慣れて飽きる確率大

カーブ天板
  • よほどの理由がない限り、後悔する可能性
  • 無駄にデスク奥行が狭くなる(中央奥行70が61.5に) → 実際に後悔している人アリ
  • 素材が中密度繊維板強度低下
  • デスク手前と側面の表面&裏面には、カーブ加工がしてあるため、クランプ式のモニターアームが使用できない
D君
D君

竹やガラスでないとダメって人以外は、選ばない方が無難

天然竹天板
  • こだわりがある方のみ
  • 厚みが5mm薄くなり、20mm強度低下
  • 多層構造の竹集成材 → メラミン樹脂の方が丈夫
ガラス天板
  • こだわりがある方のみ
  • ガラス天板は突然割れる可能性がある → モニターアームを使うため却下
  • 耐荷重50kg強度ガタ落ち

 

組立のために準備したもの

BLACK&DECKER_インパクトドライバー、六角軸穴あけドリルセット

インパクトドライバー or 電動ドリル必要(いるゼッタイ!)

オレンジと黒で統一されたデザインで有名なBLACK&DECKERのインパクトドライバー

 

BLACK&DECKER_インパクトドライバー_EAI800_バッグ

バッグ付きなので、ドリルセットまでキレイに収納できます。

 

家庭でたまに使う程度なら、コード式を推奨

  • 電池切れなし
  • 電池の劣化がないので、バッテリー部の交換不要によりコスパ○
  • 壊れるまで使える

 

六角軸穴あけドリルセット

穴あけ用ドリルセットは、これからも使う可能性を考えて、汎用性が高いものを購入

今回使ったのは、2.5mm

 

工具セット → 何かしら役に立つことがあるかも

昔Amazonで購入した安物の工具セット

しゃお
しゃお

一応準備

スベリ止め付き手袋 → 手の保護+滑り止め

その辺にあったもの。100均やワークマンの安いもので十分

 

敷くもの → 天板&床の保護(特に、天板と脚のネジ止め・デスクをひっくり返すとき)

その辺にあったもの。厚すぎず、薄すぎず、保護できる程度の厚みがあればOK

しゃお
しゃお

私はベッドの夏用敷きパッドを使用

 

手動式スタンディングデスクH2の組立方法&手順

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_組立イメージ

まずは、イメージするために、並べてみました。

 

D君
D君

脚の組立順序は、取り扱い説明書どおりでOK

1 足と昇降支柱を組み立て

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_足と昇降支柱を組立

昇降支柱に足をはめ込み、ネジFを片方4ヵ所(計8ヵ所)をL型六角レンチAで、回し締める。

 

2 桁と昇降支柱を組み立て

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_桁のネジ8ヵ所を緩める

桁の下にある固定具8ヵ所をL型六角レンチBで、ゆるめておきます。

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_桁と昇降支柱を組立01

桁を昇降支柱に乗せます。

注)昇降支柱には、左右があるので気を付けてください!画像だと、クランクは右側

 

クランクを逆にしたい場合は?
  • 昇降支柱を左右逆にすればOK

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_桁と昇降支柱を組立02

ネジGを片方2ヵ所(計4ヵ所)をL型六角レンチAで、回し締める。

しゃお
しゃお

穴にキレイに合うように締めましょう。

 

3 駆動軸と昇降支柱を組み立て

D君
D君

左側から

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_駆動軸と昇降支柱を組立01

駆動軸の調節ナットを緩めて、昇降支柱に差し込み

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_駆動軸と昇降支柱を組立02

調節ナットを時計回りに回して締める。

 

D君
D君

続いて右側

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_駆動軸と昇降支柱を組立03

左側と同じように、調節ナットを緩めて差し込み

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_駆動軸と昇降支柱を組立04

しっかりと「奥まで」差し込み

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_駆動軸と昇降支柱を組立05

調節ナットを時計回りに回して締める。

 

4 サポートブラケットと桁を組み立て

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_サポートブラケットと桁を組立

サポートブラケットを桁に乗せ、ネジGを片方2ヵ所(計4ヵ所)をL型六角レンチAで、回し締める。

 

クランクを逆にしたい場合は?
  • サポートブラケットを左右逆にすればOK

 

5 クランクハンドルを取り付け

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_クランクハンドルを取付

ネジDを2ヵ所、L型六角レンチCで、回し締める。

※左は、イメージしやすいようサポートブラケットにクランクハンドルを置いてみた画像

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_クランクを取付、動作テスト

クランクを取り付け、動作テストをして見た結果、問題なく、昇降しました。

しゃお
しゃお

最初だけ、駆動軸が少ししなるくらい力を入れないと回らなかったよ。

初めて昇降するときの注意!
  • 真ん中の棒がしなるくらい力を入れないと昇降しない
  • 時計回りで上昇、反時計回りで下降

 

 

6 天板をサポートブラケットに取り付け

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板をサポートブラケットに取付

取り扱い説明書では、4ヵ所ずつ(計16ヵ所)を、ネジHで固定するようになっているが、2ヵ所ずつ穴が足りない!

しゃお
しゃお

Amazonのレビューでも、電動ドリルが必要と書いてあった。

 

ブラックアンドデッカー EAI800_ドリルの出番

そんなときは、コイツの出番です。

 

D君
D君

だがしかし!その前に

ネジ穴の位置はどこにすべきか?(考察)

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板をサポートブラケットに取付_ネジ穴の位置を考察

 

穴の位置を決めなくてはなりません。

 

元のネジ穴は利用すると

  • 元のネジ穴を内側にする
  • 元のネジ穴を外側にする

2パターンが考えられる。

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板をサポートブラケットに取付_ネジ穴の位置を考察_元のネジ穴を内側にすると、端からブラケットまで4cm

元のネジ穴を内側にすると、天板の端からブラケットまで4cm

穴と穴のキョリは、測ってみたところ約2cmだったので、元のネジ穴を外側にすると約6cmとなります。

しゃお
しゃお

んー悩む

 

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム_底クランプ幅

エルゴトロンのモニターアームを使う予定なのを思い出し、底のクランプ幅を計測

7cm・・・どっちにしろ足りぬわ!

 

デスクの下は広い方が良いよね」ってことで、元のネジ穴は内側として使うことに決定

しゃお
しゃお

モニターアームは、デスク奥に固定だね

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板をサポートブラケットに取付_インパクトドライバー大活躍

  • 元のネジ穴をネジHで片側4ヵ所(計8ヵ所)を固定
    ※画像に写っていないところも留める
D君
D君

一度に2ヵ所ずつ留めるのではなく、対角線上のネジを1ヵ所ずつ留めていく感じでやると、天板がズレにくいよ。

 

  • ドリルで穴をあける(2.5mmを使用)
  • ネジHで残り8ヵ所を留め、天板を固定

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板をサポートブラケットに取付_あけた穴の木くずは掃除機で吸う

あけた穴の木くずは、掃除機で処理すると楽

 

天板と桁を固定

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板を桁に取付

赤枠の位置(天板と桁の間)にスペーサーを入れます。

※天板が140×70、元のネジ穴を内側とした場合は4ヵ所スペーサーが必要

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板を桁に取付_スペーサーの穴がズレる

上記画像の右下にスペーサーを入れましたが、桁とスペーサーが干渉し、穴の位置が合いません。

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板を桁に取付_元のスペーサーと加工済のスペーサーを比較

工具セット内のニッパーでカットし、鉄ヤスリで切断面を触っても痛くない程度に加工しました。

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板を桁に取付_加工済スペーサーで対応

スペーサーはバッチリ!

スペーサーを入れる数だけ、穴あけをします。

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板を桁に取付_コーナーガードでスペーサーのズレ防止

インパクトドライバーで締めると、最後の方でスペーサーがズレて斜めになるので、配送時に天板を保護していたコーナーガードを活用しました。

 

7 クランク固定器を天板に取り付け

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_クランク固定器を天板に取付

赤丸のところのみ、穴をあけました。

しゃお
しゃお

完全にクランクをデスク内に入れたい方は穴は無視すべき!

クランク固定器を元々あいている穴に合わせて、固定するとクランクが奥まで入りません!

 

クランク固定器は穴に合わせず、クランクに合わせて若干内側がおすすめ

 

あとは、ひっくり返して、置きたい位置へ移動すれば完成です。

しゃお
しゃお

1人でできたよ。

昇降するので、壁に天板が触れない位置に設置しましょう!

 

まとめ

D君
D君

正直どう?

しゃお
しゃお

本当に大満足!

もっと早くFLEXISPOTのデスク知っていたら、数年前に買ったとあるデスクは絶対買ってない!

 

こんなに良いものを、他よりもお安く販売してくれるFLEXISPOTは最高です

 

手動式を使ってみた結果&今回の選択はどうか?

メリット
  • 手動で十分
    →頻繁に高さを変えるが、変える高さは○cm程度なので、全く苦ではない
  • 手動式だとコードがなく、デスク下がスッキリして良い
    →電動式だと確実にコードがある
  • 手動式は故障率が低い
    →電動式は部品が多く、故障率は確実に上がる
  • 昇降時の音が静か
    →電動式だとウィーンと電子音or機械音がするので
  • 価格が安い
    →間違いなく、昇降デスク界でコスパ最強クラス
  • 丸角天板
    →刺さることがない。むしろ優しい
  • メラミン樹脂化粧板
    爪で擦っても傷付かない
  • ホワイト天板
    指紋が付かない(付いていても見えない)
  • 140✕70
    →スペース(奥行)60cmには、ちょうど良かった。ベッドに座り、机にひじを付いて、脚を伸ばすと楽な姿勢が取れる。背もたれが欲しければ、座椅子を使えばOK

手動式で十分な方で、Amazonや楽天、yahooショッピングで購入したければ

 

脚の色&天板の色・形を自由に選択したい方は、公式サイトからの購入がおすすめ

FLEXISPOTの手動式スタンディングデスクH2

 

デメリット&おすすめしない人
  • 昇降する高低差が大きい人
    →昇降速度は電子式よりも遅い
  • 毎回ミリ単位で高さ調整をしたい人
    →電子式なら余裕だが、手動式だと回数+どこまで回すかを覚えるという手間がある
    →手間だと思わない人は手動式でOK

 

手動式や電動式の昇降範囲&昇降時間&昇降スピードを比較したい方は

昇降範囲&昇降時間&昇降スピードまとめ

 

手動式・電動式すべて見て検討したい方は

FLEXISPOTのスタンディングデスク

 

 

おまけ

開封確認でホワイト天板にキズ or 汚れ!?

天板を開封して、キズなどがないか確認していると

しゃお
しゃお

角付近にキズ!?汚れ!?

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_開封チェック_天板にキズ or 汚れ!?

汚れだと信じて、指でゴシゴシ&爪でコスコスすると

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_開封チェック_天板汚れなしVer

キレイに取れました。

 

天板の角を保護していたゴムが付着していたようです。

D君
D君

返品は大変だからね!

 

不要なシールは剥がしておく

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板裏の型番シール

天板裏に型番の書かれたシールが貼ってあります。

 

FLEXISPOT手動式スタンディングデスクH2&丸角天板_天板裏の型番シールをキレイに剥がす

シールの部分だけ、日焼けで色が変わらないように剥がしました。

 

 

現場からは以上です!

 

ではまた(#`・ω・´*)/

 

 

スポンサーリンク
しゃお:管理人をフォローする
DiyNetBank

コメント

タイトルとURLをコピーしました