ガジェット

NiZキーボード35g荷重テスト&CherryMXキーキャップ交換

NiZキーボード35g荷重テスト&CherryMXキーキャップ交換ガジェット
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
しゃお
しゃお

NiZキーボード2つ目Getだぜ!

D君
D君

NiZキーボードオタクかよ!

こんにちは、自称NiZキーボード大好き人間のしゃおです。

 

2コ目のNiZキーボードX87&注文していたキーキャップが届いたので、2年前に購入したMicro84との比較をしてみました。

 

使ってみて分かったそれぞれのメリット・デメリットや個人的見解を書いたので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

この記事をおすすめしたい方
  • NiZキーボードのうち、Micro84とX87の違い
  • コンパクト&テンキーレスキーボードのスペックの違い
  • USB(有線)&Bluetooth(無線)キーボードのメリットデメリット
  • 35g荷重は本当に35gで沈むのか?
  • 2021年発売の新NiZスイッチと旧スイッチの違い
  • キーキャップを変更すると何が良いのか?

 

Micro84とX87のスペック比較&メリットデメリット

Micro84とX87のスペック比較&メリットデメリット

詳細スペック

NiZキーボード種類Micro84(Ble)X87(USB)
種類コンパクト:80%テンキーレス
配列特殊配列標準US(英語)キーボード
キー数8487
約318mm(実測)約458mm(実測)
重量741.5kg(実測)780g(実測)
高さ変更3段階3段階

 

USB・Bluetoothモデル、コンパクトキーボードのメリット&デメリット

Micro84(Bluetoothモデル)

NiZキーボードMicro84_Bluetooth(無線)モデル_キーキャップ変更1

メリット
  • 線がないため、デスク上がキレイ整頓されて見える
  • コンパクトなためマウスとの距離が近い&持ち運びやすい
  • ダブルFnキーが可能(1番下の段はザ・英字キーボードよりキーが多い)
デメリット
  • 充電が必要
  • スペースキーが特殊サイズの4.75Uなため、ほぼ交換不可能(自分で塗装する猛者なら問題なし)
    ※キーキャップ交換をしてみたい方はスペースキーが特殊サイズでないものの購入を推奨

 

X87(USBモデル)

NiZキーボードX87_USB(有線)モデル_キーキャップカラーデフォルトは黒&白文字ダブルショット

メリット
  • 充電不要
  • Micro84ほどではないが、テンキーレスサイズなためマウスとの距離が近い
  • ザ・英字キーボード(一般的に出回っているUS配列)なため、キーキャップ交換が自由自在
デメリット
  • 線があるため、デスク上に線が見えるのが気になる人には不向き

 

NiZキーボード35g荷重比較&テスト

D君
D君

気になったときは実際に試すべし。

キー荷重のテスト方法&30g荷重テスト

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_キー荷重のテスト方法_30g

キー荷重の規定35gよりも軽い30gでは当然沈まない。

 

キー荷重のテスト方法としては、分銅を購入するのが1番良いですが意外と値段が高いので、家にあったM6のネジ・ナット・ワッシャーで重量調整を行いながら量りました

 

種類1コあたりの重さ(g)用意した個数
M6ネジ(50mm)10.2~10.3
M6ネジ(10mm)3.7~3.8
M6ナット2.1~2.210
M6ワッシャー0.6~0.7
M6ばね座金0.9~1.0

 

使用したネジ類の個数メモ

重さ使用したネジ類
30g
  • M6ネジ(50mm)×1(※1)
  • M6ナット×9(※1)
35g
  • 基準30g
  • +M6ネジ(10mm)×1
  • +M6ワッシャー×2
37.5g
  • 基準30g
  • +M6ネジ(10mm)×1
  • +M6ワッシャー×4
  • +M6ばね座金×1
40g
  • 基準30g
  • +M6ネジ(10mm)×1
  • +M6ナット×1
  • +M6ワッシャー×6

※1:M6ネジ×1とM6ナット×9を基準30gとする

※はかりの精度が足りない or ネジ類1つ1つの重量が微妙に違うので、参考程度としてください。製造時に誤差がなくすべて同重量だとすると、傷や削れなどで軽くなったのかもしれません。

 

35g荷重テスト(NiZ規定荷重)

Micro84

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_35g_Micro84

Micro84:幅1Uのキーは少しだけ沈むものが多い中

 

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_35g_Micro84_幅広なキー

Enterなど幅が広いキーは7割ほど沈みました

 

X87

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_35g_X87

X87:幅1Uのキーは普通に沈みました。(たまに沈みづらいキーがある程度)

押し心地はMicro84よりも硬く感じていたので意外な結果です。

 

キーキャップ重量も比較してみる

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_キーキャップ重量も比較

左:X87純正、中:Akko追加、右:Micro84純正追加

Micro84はキーキャップを変更しているため、手元にあるキーキャップの重さも量ってみると意外と違いがあり、Micro84の純正キーキャップ(ABS素材)は0.3gだけ重いことが分かりました。

 

Micro84純正キーキャップに戻して35gを荷重テスト

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_35g_Micro84純正キーキャップで再テスト

1キー(Mkey)のみ純正キーキャップに戻して再度35gで試してみましたが、さすがに0.3gでは変化はなし

 

37.5g荷重テスト(+2.5g)

Micro84

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_37.5g_Micro84

2.5g追加した37.5gは、35gと同じく幅1Uのキーは少し沈み出す程度から

 

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_37.5g_Micro84_Delなど

HomeやDelキーなどの1番右側のキーとEnterなど幅が長いキーは完全に沈むことを確認

 

X87

X87は35gでもほとんど沈んでいたので、予想通り37.5gではすべてのキーが沈むことを確認できました。

 

40g荷重テスト(+5.0g)

NiZキーボード35g荷重比較&テスト_40g_Micro84

5g追加した40gでは、幅1Uのキーが完全に沈みました

 

D君
D君

荷重テストの結果をかんたんにまとめるよ。

NiZキーボード(35g)荷重テスト結果

Micro84(2019年購入)

  • Enterなど大きめのキー → 35g荷重
  • 幅1Uのキー、スペースキー → 35~40g荷重

 →過去に販売されていたNiZキーボードはどちらかというと35g~40gの変荷重

 

X87(2021年購入)

  • ほとんどのキー → 35g荷重
  • 沈みづらいキー → 37.5g荷重以下

 →現在販売されているNiZキーボードは35g荷重

 

新旧スイッチ比較

見た目

NiZキーボード新旧スイッチ比較

見た目の違いはありません(少なくとも私には見受けられません)

 

押し心地&打鍵音

Micro84

  • 押し心地は同じ35gのはずなのに、最初から最後まで非常に柔らかい
    →Micro84は打鍵時、左右へのキーのブレが若干あるため(X87と比べて始めて気付いた)
  • 打鍵音はスコスコといった感じ

 

X87

  • 押し心地は非常に軽い&Micro84に比べて打鍵感が少しだけしっかりしている印象
    X87は新スイッチに改良され、キーのブレがなくなったためだと思われる
  • 打鍵音スコスコ&コトコトといった感じ

 

しゃお
しゃお

結局どうなの?と聞かれると

新旧スイッチの違いまとめ
  • どちらも気持ちよく打てるのは身を持って体験しており、どちらが好きかと問われると「どちらも好きです」と答えてしまう。
  • 旧スイッチだと「何だコレ?」や「柔らかすぎる押し心地気持ち悪い」という人が出てきそうですが、新スイッチは軽い押し心地のスコスコ&コトコトに加え、キーのブレがなくなったことで堅牢性(耐久性)と高級感が高まりかなり好印象です。

 

キーキャップ交換

かなり好みのキーキャップが見つけたので即購入しました。

Micro84キーキャップ交換後

Micro84キーキャップ交換_AkkoPsittacus PBTダブルショット

Micro84は二度目のキーキャップ交換で、かなり好みのカラー

X87購入で新しい疑似JIS配列に変更したためダブルファンクションに戻しました。

しゃお
しゃお

メインカラー黒灰に赤がアクセントとなって良い感じ

 

 

 

X87キーキャップ交換後

Micro84キーキャップ交換_NiZ新色PBTダブルショット

こちらは欲しかったNiZ新色と同じカラーのキーキャップ

しゃお
しゃお

渋さと可愛さを兼ね備えたキーキャップだな

 

 

デフォルトキーキャップはどちらも黒&白文字なのでかなり印象が変わりました。

 

キーキャップを変更すると何が良いのか?

キーキャップ変更によるメリット
  • 見た目&触り心地を自分好みにできる
  • テンションが上がる
  • PC&キーボードの前に行きたくなる
  • ブログを書くやる気が出る
しゃお
しゃお

完全に自己満ですが気にしない。

 

 

現場からは以上です!

ではまた(#`・ω・´*)/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました