ガジェット

セルフカットフィリップスバリカン5年使用QC5570&HC5690レビュー!

ガジェット
この記事は約15分で読めます。
スポンサーリンク
しゃお
しゃお

いつもお世話になっているフィリップスのバリカンレビューです。

D君
D君

次に購入したバリカン「HC5690」との比較もしていきます。

 

こんにちは、自称節約家・兼「中堅セルフカッター」のしゃおです。

 

セルフカット歴13年の私が愛用していた、フィリップスのバリカン「QC5570」が6年目にして、ついに動かなくなりました。

 

現在販売中で同スペックの型番「QC5572

※フィリップスのHPでQC5570と5572を確認してみましたが、スペック上の違いはありませんでした。

しゃお
しゃお

月1程度の使用

コードを挿しても全く充電できないので、バッテリーの劣化によるものでしょう。

 

新品から5年以上お世話になったフィリップスのバリカンに敬意を表し

  • QC5570の5年使用感
  • 新しく購入したHC5690の使用感

についてレビューしていきます。

 

この記事をおすすめしたい方
  • セルフカットに挑戦したい
  • セルフカットでいくら節約できるか、リアルな金額が気になる
  • どのバリカンを購入するか迷っている(フィリップスヘアーカッター・パナソニックカットモードについて)
  • コスパの高いバリカンを探している
  • 初心者&中堅&ベテランセルフカッター

 

ヘアーカッターQC5570・5572の特徴

フィリップスバリカン_ヘアーカッター_QC5570_本体&刃

D君
D君

5年経過しても、刃の輝きは健在!

しゃお
しゃお

簡単に書くよ

メリット&おすすめポイント

  • 自動研磨システムにより、耐久性が高い&優れたカット性能を保つ
  • 角度調節が自由(180°回転ヘッド)なため、好きな角度で刈れる
  • コンパクトなため、持ちやすい&後ろも感覚で刈れる
  • 充電/交流式
  • 防水仕様のため、手入れが楽
  • 本体2年間保証

 

デメリット

  • 充電池の種類がニッケル水素のため、リチウムイオン電池に比べて寿命が若干短い
  • コームが柔らかいため、気を付けないと折れやすい(特にレギュラーコーム)

 

しゃお
しゃお

バリカン落としたときに折れてしまったため、レギュラーコームのみ再購入しました。

D君
D君

5年使えたから、十分だね。

参考:蓄電池の寿命・耐用年数はどれくらいなのか? – エコ発蓄電池

 

詳細スペック

項目QC5570(旧Ver)QC5572(現行Ver)
カッターの幅41mm41mm
ステンレスステンレス
精度(1段階の長さ)2 mm(細部コーム:0.5 mm)0.5、2 mm
長さ調節範囲0.5~15 mm1~15 mm(コームなし:0.5 mm)
長さ設定機能12段階11段階(コームなし含め12段階)
レギュラーコーム3~15mm (2mm単位)3~15mm (2mm単位)
細部コーム1~3 (0.5mm単位) mm1~3 (0.5mm単位) mm
電池の種類ニッケル水素電池ニッケル水素電池
満充電時の使用時間最長 60 分約 60 分
充電時間 1 時間約 1 時間
充電方式コード付き/コードレス充電/交流式
付属クリーニングブラシクリーニングブラシ
保証期間2年間2年間
特徴
  • 180°回転ヘッド付き
  • 丸みを帯びた刃の先端とコームで肌への刺激を防ぐ
  • コード付き/コードレス使用可能
  • 自動研磨システム
  • 充電残量を示す表示ランプ(満充電:白、残り時間10分:オレンジ色で点滅)
  • 本体水洗い可能でお手入れ簡単
  • 握りやすいラバー製グリップ
  • 世界各国の電圧に対応

同左

 

公式HPには、微妙にスペックに差異があるように書いてありますが、よく見ると同一スペックです。

 

QC5570使用レビュー:使い心地はどうだったか?

フィリップスバリカン_ヘアーカッター_QC5570_外箱&内箱&取扱説明書

さすがに外箱はところどころ破けています。

 

しかし、5年以上使用したフィリップスセルフヘアーカッター「QC5570」に文句は全くありません。

 

かなり使いやすく、セルフカットにおいては、右に出るバリカンはないのではないでしょうか。

 

強いて挙げるなら、バッテリーがダメになる前だけ、充電がすぐヘタるので、充電しながらの使用になったってところくらいでしょうか。

しゃお
しゃお

充電式なら、どの製品も電池が劣化するのは仕方がないこと。

 

フィリップスバリカン「QC5570」の良いところ
  • 自動研磨システムにより、耐久性が高い&優れたカット性能を保つ
    → 本当です。切れ味抜群&5年間で切れ味の落ちは全く感じませんでした。(替刃交換なし
  • コームの隙間が広いためか、髪が詰まったことは一度もありません
  • 角度調節が自由(180°回転ヘッド)なため、好きな角度で刈れる
    持ちやすいです。 後ろ(後頭部)を刈るときは、ヘッドを90°回転させて使うと刈りやすくて良い。
  • 防水仕様のため、手入れが楽
    サッと洗えるので、時短になります
  • 本体2年間保証
    →5年間異常がなかったので、使っていませんが、バリカンで2年保証は手厚い

 

実際にいくら節約できるか計算してみた

実際にいくら節約できるか計算

美容院代を簡単に計算してみる

美容院(散髪)代って、年間で考えると結構な金額になります。

カット1回3~5,000円、月1美容院に通うとすると

カット1回の金額年間カット代(円)
3,000円36,000
5,000円60,000

年間36,000~60,000円

 

バリカンの購入費を計算

私が5年間愛用したフィリップスの「QC5570」が5,500円でしたので、6,000円で計算してみます。

購入数購入金額(円)
5年/台6,000
1年1,200

年間にすると、わずか1,200円

 

年間・現在までにいくら節約できたか計算

単位:円

期間美容院
(3,000円)
美容院
(5,000円)
セルフカット節約額
年間36,00060,0001,20034,800 ~ 58,800
バリカン歴(5年)180,000300,0006,000174,000 ~ 294,000
現在まで(13年)468,000780,0007,000461,000~773,000

※5年はQC5570のバリカン使用歴

※それ以前は、ほぼ100均のスキばさみや鏡を使用していたので、1000円とする

 

D君
D君

美容院代って高い!女性はカット+αかかる。。。

  • 美容院(3,000円)のとき

468,000 ー 7,000 = 461,000

 

  • 美容院(5,000円)のとき

780,000 ー 7,000 = 773,000

 

なんと、13年間のセルフカットで、46~77万円の節約になりました!

 

将来的にセルフカットでいくら節約できるか計算

 

コスパ&切れ味最強クラスのバリカンHC5690の特徴

フィリップスバリカン_ヘアーカッター_HC5690_本体&アタッチメント4種、電源アダプタ

製品の正式名は、「Hairclipper series 5000 水洗い可能ヘアーカッター HC5690/17

 

D君
D君

「QC5572」と同価格帯なのに、性能はさらに上だね。

メリット&おすすめポイント

しゃお
しゃお

7つも進化している!(QC5572比較)

  • 自動研磨システムによりメンテナンス不要で手間いらず ← Update
  • 充電/交流式
  • 防水仕様のため、手入れが楽
  • 本体2年間保証
  • ダブル鋭角刃2倍すばやくカット ← New
  • 充電池の種類がリチウムイオン電池 ← Update
  • 長さ設定調節リングホイールを搭載 ← New
  • 長さは3.0~28mmの27段階(1mm単位)を選択可能 ← Update
  • お子様用ヘアーカット用キッズモードボタン搭載で、騒音を低減可能 ← New
  • 快適で操作しやすい人間工学に基づいたハンドル ← New

デメリット

  • 角度調節ができない → ほとんどのバリカンは角度調節できない

 

今まで角度調節できるもの or ハサミでしかセルフカットをしていなかったので、不安でしたが、意外とすんなり切れました。

しゃお
しゃお

セルフカット歴はウソを付かない!

なんだかんだセルフカットが身に付いていたようです。

 

詳細スペック(QC5570・5572とHC5690を比較)

項目QC5570・5572HC5690
キャッチコピー後頭部まで楽に届いて簡単セルフカットムラなくきれいにすばやくカット
カッターの幅41mm41mm
ステンレスステンレス
精度(1段階の長さ)0.5、2 mm1 mm
長さ調節範囲0.5~15 mm3.0~28 mm(コームなし:0.5 mm、ツーブロックコーム:2mm)
長さ設定機能12段階27段階
コーム種類
  • レギュラーコーム(3~15mm:2mm単位)
  • 細部コーム(1~3mm:0.5mm単位)
  • ショートコーム(3~15mm)
  • ロングコーム(16~28mm)
  • ツーブロックコーム(2mm)
  • スキ刈りコーム
電池の種類ニッケル水素電池リチウムイオン電池
満充電時の使用時間最長 60 分最長 90 分
充電時間 1 時間 1 時間
充電方式充電/交流式充電/交流式
付属クリーニングブラシ
  • クリーニングブラシ
  • 収納ポーチ
  • ケープ
保証期間2年間2年間
特徴
  • 180°回転ヘッド付き
  • 丸みを帯びた刃の先端とコームで肌への刺激を防ぐ
  • コード付き/コードレス使用可能
  • 自動研磨システム
  • 充電残量を示す表示ランプ(満充電:白、残り時間10分:オレンジ色で点滅)
  • 本体水洗い可能でお手入れ簡単
  • 握りやすいラバー製グリップ
  • 世界各国の電圧に対応
  • 2 倍* すばやくカット(コームの革新的な設計)
  • ダブル鋭角刃で2倍すばやくカット
  • 長さ設定調整リングホイール
  • コード付き/コードレス使用可能
  • 自動研磨システム
  • メンテナンス不要(オイル差し不要)
  • 充電残量を示す表示ランプ(充電中:緑点滅、満充電:緑点灯、満充電後30分経過でランプが消灯)
  • 本体水洗い可能でお手入れ簡単
  • お子様のヘアーカット時に騒音を低減(キッズモードボタン)
  • 快適で操作しやすい人間工学に基づいたハンドル
  • 世界各国の電圧に対応
  • 取付簡単なコームでレイヤーを作り、自由自在なスタイルに
  • 収納用ソフトポーチ

※スペックや付属品の違い:太字

※スペックで、新機能や性能が向上しているところ:赤太字

 

「HC5690」使用レビュー:使い心地はどうか?

フィリップスバリカン_ヘアーカッター_HC5690_本体表&裏・刃、人間工学に基づいたハンドル

数回使用し、フィリップスセルフヘアーカッター「HC5690」に文句は全くありません。

 

  • 切れ味がすごい!本当にサクサク切れる。
  • セルフカット用ではないが、「人間工学に基づいたハンドルの形状により、毎回同じ位置で持てるため、後ろ(後頭部)を刈るときに多少見えなくても感覚で処理できる。
  • バッテリーが「リチウムイオン電池」のため、QC5572よりも寿命が伸びる可能性UP

 

フィリップスバリカン「HC5690」の良いところ
  • 自動研磨システムにより、メンテナンス不要で手間いらず ← Update
    →使ってみなければ分かりませんが、QC5570が5年以上替刃なしで切れ味が落ちなかったことから、同等以上を期待
  • コームの隙間が広いため、QC5570同様、髪が詰まることはない
  • 防水仕様のため、手入れが楽
    サッと洗えるので、時短になります
  • 本体2年間保証
    →欲をいうと、My Philipsの延長保証対象商品(3年保証)にならないかなとw
  • ダブル鋭角刃で2倍すばやくカット ← New
    →QC5570も切れ味が良かったですが、確かに切れ味抜群は間違いない!
  • 充電池の種類がリチウムイオン電池 ← Update
    →リチウムイオンさん、寿命6年以上を期待してるよ!
  • 長さ設定調節リングホイールを搭載 ← New
    長さ設定が見やすい
  • 長さは3.0~28mmの27段階を選択可能(1mm単位) ← Update
    →調節範囲の多さ&1mm単位のため、好きな長さ&グラデーションを作りやすい
  • お子様用ヘアーカット用キッズモードボタン搭載で、騒音を低減可能 ← New
    →若干音が小さくなる程度なので、今のところ使う予定なし
  • 快適で操作しやすい人間工学に基づいたハンドル ← New
    持ちやすい&後ろ(後頭部)も感覚で刈れる。意外と良い!
しゃお
しゃお

やはり、バリカンは防水が楽!

D君
D君

プロ用のバリカンは切れ味抜群だけど、防水ではないから後処理が面倒なのがね。

 

付属品も充実

フィリップスバリカン_ヘアーカッター_HC5690_付属品_ポーチ・ケープ・クリーニングブラシ&ポーチに収納イメージ

  • クリーニングブラシ
  • ポーチ
  • ケープ

QC5570の頃に比べ、付属品が増えていました。

 

特にケープを付属してあるのは、子どもの髪を切るときなど非常に便利

ただし、ケープの首元を留めるマジックテープはサイズ的に中高生~大人用なのか、小学生未満の子どもに使うにはさすがに大きいため、間にタオルを入れる or 別途購入するなど工夫が必要です。

 

私は、服に髪がつかないようにセルフカット用で「袖付きクロス」を使っています。

 

今回バリカン選びで最終候補まで残ったもの

  • QC5570の現行Ver

 

しゃお
しゃお

パナソニックもかなり人気

  • ER-GP80後継機種
  • プロ用なので、パワー及び耐久性・切れ味最高クラス
  • リニアモーター駆動で充電切れ直前までパワーキープ&静音仕様
  • 長さ5段階調整:0.8・1.1・1.4・1.7・2.0mm(0.3mm単位)
  • アタッチメントコーム3個(3mm/4mm・6mm/9mm・12mm/15mm)
  • 非防水仕様

 

  • プロ用なので、パワー及び耐久性・切れ味最高クラス
  • リニアモーター非搭載のため、上記よりも安価
  • 長さ5段階調整:0.8・1.1・1.4・1.7・2.0mm(0.3mm単位)
  • アタッチメント6個3・4・6・9・12・15mm
  • 非防水仕様

 

  • リニアモーター駆動で充電切れ直前までパワーキープ&静音仕様
  • アタッチメントA:1~10mm(0.5mm単位)
  • アタッチメントB:11~20mm(0.5mm単位)
  • アタッチメントなし:0.5mm
  • 防水仕様のため、水洗い可

 

防水仕様から「ER-SC60-S」と「HC5690」との一騎打ちだが

  • 価格が2倍(ER-SC60-S ×1 ≒ HC5690 ×2)
  • 私が後ろを刈るときは、後頭部にバリカンをベッタリ付け続けて刈るのではなく、頭から少しずつ浮かせてグラデーションを作るため、0.5mm単位の調節は必要ない

以上の2点から、HC5690に決めました。

 

しゃお
しゃお

かなり迷いましたが、コスパが高いHC5690を選択

ER-SC60-Sがプロバリカンのように、0.3mm単位の調節ができればグラデーションが楽に作れるので、購入していたかもしれません。

 

おまけ:セルフカット用にはおすすめしない、バリカン購入失敗例

セルフカット非推奨バリカン_Panasonic カットモード ER-GF81-S(シルバー調)

使用していたQC5570が壊れたので、評判の良かった「Panasonic カットモード ER-GF81-S(シルバー調)」を購入

 

一度セルフカットで使用しましたが、切れ味が悪い&髪がすぐ詰まるため、それ以降使う気にはならず、押入れに放置されています。

D君
D君

ウキウキで浴室に向かってたのにね。

しゃお
しゃお

オラのワクテカを返せ!w

 

製品特徴
  • お子さまのヘアカットもかんたん・キレイにできる
  • カットモード ファミリータイプ
  • 耳まわりも手軽にカットできる「耳まわり&ナチュラルアタッチメント」
  • 切れ味がよく、キレイな仕上がり「45°鋭角刃」
  • 毛クズ掃除もかんたん&清潔「ウォータースルー洗浄」
しゃお
しゃお

あくまで「ファミリータイプ」なんでしょう。

 

使ってみて分かったダメなところ&デメリット
  • 製品特徴の「切れ味がよく」は全くのデタラメ
    →一度ではキレイに刈れず、同じ場所を数回通らないと切れません。。。
    →切れ味の良いバリカンを使ったことがある方ならすぐに分かります!
  • 刈っていると、髪がすぐに詰まる
    →バリカンを反転させて、髪を落としていても、詰まってきて、切れ味が余計に悪くなります。
    →一度のカットで、アタッチメントを外し、指やブラシで詰まっている髪を落とす必要があります。
    →フィリップス(同価格帯:6000円)のバリカンでは、一度も詰まったことはない。
しゃお
しゃお

私には合いませんでした。

 

メリット
  • アタッチメントが豊富 → 70mmまで調節できるため、長髪の方でも対応できるのは非常に良い

 

セルフカット=自分で刈る(特に初めてセルフカットする)方は、おそらく後悔すると思いますので、「カットモード ER-GF81」の購入はおすすめしません。

しゃお
しゃお

あくまで、「セルフカットには」。セルフカット用バリカンは切れ味が良くないと、虎刈りになるよ。

 

セルフカット歴13年とバリカンの扱いに慣れた私でも、相当時間がかかりました

 

正確な時間は計っていませんが、いつもの2倍くらい。

しゃお
しゃお

セルフカットをしていて、初めてイライラした。(モヤッと)

 

セルフカットをする人「セルフカッター」を目指す方は、セルフカット用バリカン=切れ味が良いバリカンを意識して購入するようにしましょう。

 

 

セルフカットは

  • 美容室や床屋に行く手間や時間が0
  • いつでも好きなときに髪型を整えることができる
  • 金銭面では、かなりの節約になる

など、利点が多いので、興味がある方はぜひ続けてみてください。

しゃお
しゃお

良いバリカン&慣れれば簡単だよ。

ではまた(#`・ω・´*)/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました