ガジェット

Amazfit GTR47mmレビュー|世界で売れる電池持ち最強スマートウォッチ!だが欠点も

Amazfit GTR47mmレビュー|世界で人気な電池持ち最強スマートウォッチ。だが欠点もガジェット
この記事は約10分で読めます。

 

始めに、これだけは言っておきます。

 

Amazfit GTR47mmは電池持ちが異常です。

一般的なスマートウォッチの電池持ちが1~7日に対して、平気で3週間以上充電の必要がありません

しゃお
しゃお

いつ充電したか忘れるレベル

この記事をおすすめしたい方
  • コスパの高いスマートウォッチを探している
  • 画面がキレイなスマートウォッチが欲しい
  • 電池持ちの良いスマートウォッチが欲しい
  • 防水のスマートウォッチが欲しい
  • 運動記録を保存できるスマートウォッチが欲しい
  • ランニングの距離や走ったコースはある程度記録できれば良い

 

上記に加え、電話応答(マイク&スピーカー内蔵)機能が欲しい方は「Amazfit GTR2やGTS2」を待ちましょう。

 

こちらはグローバル版がまもなく発売される予定です。

上質だけど格安!Amazfit GTR2|ビジネスマンにオススメなスマートウォッチに2代目が登場! – ガジェタン

アクティブなライフスタイル向けのスマートウオッチAmazfit GTR 2とAmazfit GTS 2は総合的なヘルス機能を搭載

 

デザインよりも頑丈なスマートウォッチが欲しい方は「Amazfit T-Rex」を購入しましょう。

 

 

スポンサーリンク

Amazfit GTR47mm実機レビュー

外観レビュー

Amazfit GTR47mm_箱

箱は黒ベースで、見る角度によって色が変わります。

 

本体+内箱

Amazfit GTR47mm_本体+内箱

画面には傷防止&初期画面のイメージシールが貼られています。

内箱は、輸送中などに傷が付かないように硬めのしっかりした物でした。

 

画面(有機ELディスプレイ)

Amazfit GTR47mm_画面

Web用に画質を落としていますが、本物はスマホのディスプレイと変わらないくらい本当にキレイです。

  • 文字盤は、AmazFacesというアプリで、一番人気のものを設定中
  • 左上から曜日、アナログ時計、日にち、デジタル時計、電池残、歩数、心拍数、天気
  • 青く光っているのは、Bluetooth接続中

 

本体裏&ベルト裏

Amazfit GTR47mm_本体裏&ベルト裏

  • 本体裏に心拍センサーと、充電クレードルを接触させる充電プレート
  • ベルト裏はシリコン

 

付属品

Amazfit GTR47mm_付属品

充電クレードルは、電源側がUSBタイプA、時計裏面に近づけると磁力で自然に吸い付きます。

 

画面がキレイ

画面(スクリーン):有機EL(AMOLED)

※AMOLED:Active Matrics Organic Light Emitting Diode(ケータイWatchより)

 

D君
D君

少し前のスマートウォッチは液晶ディスプレイ(バックライト形式)だったので、画面の粗さが目に付きました。

有機ELは液晶ディスプレイと違い、自ら発光するため高コントラストで表示できます。

【なるほど便利!GALAXY ガイド】 AMOLEDとは何なのか? – Galaxy Mobile Japan

3分でわかるAMOLEDパネル|構造・メーカー・メリット&デメリット – 転職・就活のまどサラリーマン

 

電池持ちはスマートウォッチの中で最強クラス

Amazfit GTR 47mm_AMAZFIT公式 Yahoo!店情報

公式では、通常使用で24日間、時計のみ使用で74日間持つようです。

 

現在、電池持ちのテスト(実験)中です。

実際に使用して、100%から0%になるまで、何日持つか記載していきます。

(電池が持ち過ぎるため、100%に充電してから一度も切れていない)

 

現在の設定

項目設定・状態
Bluetooth睡眠中以外、常時ON(スマホのBluetoothONで自動接続)
15日目からは常時OFF(同期のため、たまにON)
画面表示傾けたときのみ(7秒間点灯)
GPS屋外ランニング時に使用
PAIオフ(不使用)
睡眠スコアオフ(不使用)
画面のロックを解除オフ(不使用)
着信オン
イベントリマインダーリマインダーはありません(不使用)
腕時計アラームオフ(不使用)
アプリ通知オン(Gmail, Line)
座りすぎ通知オフ(不使用)
SMS受信オフ(不使用)
目標達成通知オフ(不使用)
検出可能オン
アクティビティ心拍数の共有オフ
手首を持ち上げて情報を表示終日
心拍数検出オフ
歩数計常時オン(自動)

 

電池持ち記録

日数電池(バッテリー)の残り%これまでのAmazfit使用履歴
1日目100充電完了
12日目71
  • 現在時刻や歩数の確認:1日15回~30回程度
  • 屋外ランニング(GPS使用):2時間12分
  • エクササイズ:20分
18日目55
  • 現在時刻や歩数の確認:1日15回~30回程度
  • 屋外ランニング(GPS使用):2時間52分
  • エクササイズ:1時間
22日目45
24日目40
30日目31

 

Amazfit GTR47mmのスペック&機能紹介

Amazfit_世界出荷台数

世界でも人気なようです。

スペック(特徴)&できること

スペック表

項目内容
モデルGTR 47mm
サイズ47.2 x 47.2 x 10.75 mm
カラー(ベゼルは3種類から選択)ステンレス鋼/アルミニウム合金/チタン
重量
  • アルミ:約36g(ストラップなし)
  • アルミ:約44g(ストラップあり)
  • ステンレス:約 48g(ストラップなし)
  • チタン:約 40g(ストラップなし)
耐水防塵5気圧防水(最大50メートルの水圧まで通常使用を保証)
ディスプレイ1.39 “AMOLED、解像度454×454、326 ppi
タッチスクリーンCorning Gorilla 3強化ガラス+指紋防止コーティング
ストラップ幅22mm
センサーBioTracker TM PPG生物追跡光学センサー、6軸加速度センサー、3軸地磁気センサー、気圧センサー、容量センサー、周囲光センサー
GPSGPS + GLONASS
接続 Bruetooth5.0
電池容量&バッテリー種類410mAh LiPo
充電方法磁気充電ベース、2ピンポゴピン充電
充電時間約2時間
使用継続時間
  • 毎日の使用モード:24日間
  • 基本的な時計モード:74日
ボディ素材金属、微結晶ジルコニウムセラミックス、ポリマー材料
互換性Android 5.0以降、iOS 10.0以降
付属品磁気充電ベース(コード)、ユーザーマニュアル

参考:商品情報 – AMAZFIT公式 Yahoo!店

その他

  • ビジネスでも使用できる上品で洗練されたデザイン
  • 12種類のスポーツモード(運動記録)
  • 文字盤(ウォッチフェイス)の変更:公式105種類、非公式5600種類以上
    ※非公式:AmazFaces:Android版というアプリで選べます(AmazFaces:iOS版
  • バンドは表:レザー、裏:シリコンで、外観の良さと丈夫さを両立
  • 24時間365日の心拍数測定により、昼夜の心拍数把握、異常な心拍数時に警告
  • 睡眠モニタリング
  • 電話やアプリ(メールやLINEなど)の着信
しゃお
しゃお

時間差はなく即着信しました!

  • その他通知(イベントリマインダー、アラーム、座りすぎ通知、SMS受信、目標達成
  • PAI:Personal Activity Inteligence(正確な運動量をスコア算出)
  • 天気予報(1週間分)
  • スマホのロック解除
  • 専用アプリも問題なし
  • 音楽再生(スマホが必要)

 

※スポーツモード12種:屋外/屋内ランニング、ウォーキング、屋外/屋内サイクリング、エリプティカルトレーナー、プール/オープンウォータースイミング、登山、トレイルランニング、スキー、運動

ウエアラブルで目指せ100PAI!というかPAIって何!? – &GP

 

できないこと

  • スマートウォッチ単体で音楽を聴く ← 本体に補助記憶装置がないため、できません。
  • 電話の着信に対して応答する ← マイク&スピーカーがないため、できません。

 

初期設定でやったこと

Amazfit GTR47mm_アップデートの流れ(GPS・フォント・リソースライブラリ・再起動)

共通の項目

  • スマホへ専用アプリ(Zepp:Androi)のインストール(Zepp:iOS
  • Zeppを起動し、アカウント作成(アドレスは受信できればなんでもOK)
  • スマホとAmazfit GTRのペアリング
  • Amazfit GTRのアップデート(Bluetooth経由&ペアリングすると始まる)
    → GPS・フォント・リソースライブラリ
    → 再起動
  • 充電

各自の設定による

しゃお
しゃお

使い心地が特に変わる設定は太字

アプリ「Zepp」の設定

  • 通知の設定(文字盤・画面ロックを解除・着信・イベントリマインダー・腕時計アラーム・アプリ通知・座りすぎ通知・SMS受信・目標達成通知)
  • 検出可能
  • アクティビティ心拍数の共有
  • バンドの位置
  • 手首を持ち上げて情報を表示
  • 心拍数検出
  • 携帯の着信音を探す
  • バックグラウンド実行
  • 腕時計のディスプレイ設定(腕時計に表示されるアイテムを選択)
  • バイブレーション
  • 天気設定
  • ペアリング制限
  • 週の開始

 

本体設定

  • ダイヤル設定(文字盤の変更)
  • スクリーン点灯時間(5~15秒)
  • クイックスタート(右下の物理ボタンの機能設定)
  • Always On Display(画面の常時表示設定)

 

唯一の欠点(問題点)

Amazfit GTR47mm_GPSズレ

Amazfit GTR47mmは、一流選手がランニングのデータ計測に使用する場合、全く役に立ちません。

 

ベゼルが金属(アルミやステンレス)のためか、GPSの精度(掴み)がよくありません。

※42mm版も同様だと思います。(素材や仕様は変わらないので)

 

そのため、同じコースを周回しても、同じ位置情報を取得してくれず、途中でズレていることが多々あります。

しゃお
しゃお

ズレているのは大きな木の側を通過したとき

なので、ランニングで正確なデータを計測したい方は、GPSの精度が高い4衛星(GPS+GLONASS+みちびき+Galileo)対応商品がおすすめです。

 

まとめ

Amazfit GTR 47mmまとめ
  • コスパの高いスマートウォッチ
  • ベゼルはアルミ、ステンレス、チタンから選択可能
  • 画面は有機ELで、スマホ並みにキレイ
  • 約2時間の充電で、通常使用24日間以上と電池持ちは最強クラス
  • 5気圧防水(最大50メートルの水圧まで通常使用を保証)
  • 12種類のスポーツモード(運動記録)
  • ランニングの距離や走ったコースはある程度記録できれば良い

 

  • ランニングはしない
  • ランニングのデータ計測はある程度で良い

といった方には、必要十分なスマートウォッチでしょう。

 

上記を理解した上で使用するならば、コスパ最強クラスのスマートウォッチの1つなのは間違いありません

 

それでは、良いスマウォライフを!

 

現場からは以上です!

ではまた(#`・ω・´*)/

 

 

スポンサーリンク
しゃお:管理人をフォローする
DiyNetBank

コメント

タイトルとURLをコピーしました