Life Up 自作PC

PCケースのLEDを完全に消す方法+子どものいたずら防止対策

PCケースのLEDを完全に消す方法+子どものいたずら防止対策Life Up
この記事は約7分で読めます。
しゃお
しゃお

PCケースのLEDがまぶしい!特に夜。。。

D君
D君

LEDはすぐに解決可能だよ。

しゃお
しゃお

あと、子どもが電源スイッチを押しても、反応しないようにしたい。

D君
D君

なるほど。チャッチャと解決しようか!

この記事をおすすめしたい方
  • PCケースのLEDがまぶしいので、なんとかしたい
  • マザーボードの配線のうち、どこを触れば良いのか知りたい
  • PC電源ON時、「子どもに電源ボタンを押される → 強制シャットダウン」を防ぎたい
  • PC電源OFF時、「子どもに電源ボタンを押される → 起動」を防ぎたい

 

スポンサーリンク

PCケースのLEDを完全に消す方法

D君
D君

まぶしいLEDを消すカギは、「システムパネルコネクター」

マザーボードのシステムパネルコネクター解説

PCケースのLEDを完全に消す方法_マザーボード例_システムパネルコネクター

TUF GAMING X570-PLUS (WI-FI)だと、右下がシステムパネルコネクター

 

システムパネルコネクター一覧
  • システム電源LEDコネクター (2ピン/ 3-1ピン PWR_LED):① or ⑥
  • ハードディスクドライブアクティビティ (2ピン HDD_LED):②
  • 電源ボタン/ソフトオフボタンコネクター (2ピン PWR_SW):③
  • リセットボタンコネクター (2ピン RESET):④
  • ビープスピーカーコネクター (4ピン SPEAKER):⑤

 

システム電源LEDコネクター (2ピン/ 3-1ピン PWR_LED):① or ⑥

PCケースの電源LEDケーブルを接続するところ

  • システムの電源をON → LED点灯
  • システムがスリープ状態に入る → LED点滅

 

ハードディスクドライブアクティビティ (2ピン HDD_LED):②

PCケースのHDD用LEDケーブルを接続するところ

  • マザーボード(SATAポート)に接続中のHDDにアクセス(データの読み書きを行う) → LED点灯 or 点滅

 

電源ボタン/ソフトオフボタンコネクター (2ピン PWR_SW):③

PCケースの電源ボタンスイッチ用ケーブルを接続するところ

  • 電源ボタンを押す → 電源オン
  • OSが起動している状態で、電源ボタンを押してから4秒以内に離す → システムはOSの設定に従いスリープモード、または休止状態、シャットダウンに移行(※)
  • 電源ボタンを4秒以上押す → システムはOSの設定に関わらず、強制的に電源OFF

※設定により、「何もしない」ことも可能

 

リセットボタンコネクター (2ピン RESET):④

リセットボタン用ケーブルを接続するところ

  • リセットボタンを押す → システムは強制的に再起動(保存されていない作業中のデータは削除)

 

ビープスピーカーコネクター (4ピン SPEAKER):⑤

ビープ(システム警告)スピーカー接続するところ

スピーカーはその鳴り方でシステムの不
具合を報告し、警告を発します。

 

しゃお
しゃお

ここから、ケースのまぶしいLEDを完全に消す方法

電源LEDケーブルをマザーボードから抜く

PCケースのLEDを完全に消す方法_マザーボード_システムパネルコネクター_PWR_LED(電源LED)を抜く

①電源LED(2ピン PWR_LED)」からケーブルを抜くと、電源をONにしてもLEDは光らなくなります

 

しゃお
しゃお

当初、PWR_LEDだけ抜けば、光らなくなると思っていました。

確かに、「LEDの点灯」はしなくなりました。

 

しかし、電源を入れて、HDDへのアクセスが始まると、ケースのLEDは点滅し始めました

 

私の環境だと

私が使っているのは、「Define R5」というPCケースで

  • 電源LED
  • HDDのLED

が一体となっており、電源LEDが常に点灯していたため、HDDにアクセスしていてもHDDのLEDを意識することはありませんでした。

 

Fractal DesignのPCケースは、拡張性が高く、人気が高いです。

 

 

D君
D君

なので、もう1つ線を抜く必要がある。

HDD_LEDケーブルをマザーボードから抜く

PCケースのLEDを完全に消す方法_マザーボード_システムパネルコネクター_HDD_LEDを抜く

HDD_LED」からケーブルを抜くと、HDDへアクセスしても、LEDの点滅はなくなります

 

この2つを行うだけで、夜に部屋でLEDがまぶしいということは、全くなくなりました。

 

 

しゃお
しゃお

+αで、子どものいたずら対策をやってみました。

子どものいたずら対策:電源ボタン押されてもノーダメージ!

しゃお
しゃお

数回やられたので、本気を出しましたw

電源ON時に電源ボタンが押されても、PCのシャットダウンを防ぐ方法

電源ON時(PC起動中)に、電源ボタンを押されると、通常は「スリープ」や「シャットダウン」となりますが、設定を変更することで動作を変えることができます。

 

Windows10の場合、どちらからでもOK
  • Windowsキー(スタート) > 設定 > システム > 電源とスリープ > 電源の追加設定 > 電源ボタンの動作を選択する
  • Windowsキー(スタート) > 「コントロールパネル」と入力(途中で検索結果に表示されるはず) > 電源オプション(小さい or 大きいアイコン) > 電源ボタンの動作を選択する

 

システム設定_電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化_電源ボタンを押したときの動作-何もしない

電源ボタンを押したときの動作 → 「何もしない」を選択し、「変更を保存」すれば、電源ON時に電源ボタンを押されても問題なし

 

電源OFF時に電源ボタンが押されても、PCの起動を防ぐ方法

しゃお
しゃお

私の不在中に数回やられました。

起動するだけなので、そんなに問題ではないですが、PCを使っていないのに電気代がかるのは、自称節約家としてはNG

 

電源OFF時に、子どもに勝手に電源ボタンを押されるのを、どうやって防ぐか?

→四六時中見張っているわけにはいかないですし、私の不在時は不可能

 

ということで、そもそも電源ボタンを押して、PCが起動しなくしてしまえば良い

 

「え、PC起動できなくなるんじゃ!?」と思うかもしれませんが、私には以前設定を終え、現在活躍中の遠隔起動『WoL(Wake on Lan)』があります。

※WoL(Wake on Lan):PCの遠隔起動をするための技術

 

WoL(Wake on Lan)って何?って方や、家庭内遠隔起動の設定方法に興味がある方は、以下を記事をご覧ください。

 

起動方法は、WoLで良いとして、電源ボタンを完全に亡き者としなければなりません。

 

UEFI BIOSやOSの設定では不可能なため、物理的に対処します。

 

D君
D君

こちらも、対処としては簡単

 

PCケースのLEDを完全に消す方法_マザーボード_システムパネルコネクター_PWR_SWを抜く

電源ボタンスイッチ(2ピン PWR_SW:画像③)のケーブルをマザーボードから抜くだけでOK

 

これで、電源ボタンは電源ON/OFF問わず、完全に無効化することができました

 

まとめ

PCケースの「LEDがまぶしい」を解決するには
  • 電源LED(PWR_LED)を抜くだけでは、ダメ(電源LEDが消えるだけ)
  • HDD_LEDも抜き、HDDアクセスランプも光らせない

上記2つを行うことで、完全にPCケースのLEDを消すことが可能

 

子どもが電源ボタンを押すいたずら対策
  • 電源ボタンスイッチ(PWR_SW)を抜いて、電源ボタンを無効化
  • PCの起動は、WoL(Wake on Lan)で遠隔起動

 

今回は、全くお金をかけずにPC周りの快適な環境を整えることができました

しゃお
しゃお

自己満だけど、自分が満足していればOKだよねw

 

おまけ

D君
D君

電源ボタンが使えないと、電源ボタン長押しで強制終了ができない?

しゃお
しゃお

PCの動作が不安定になったときに使うよね。

最近のハイスペックなPCでは、ほとんどありませんが、古いPCだと不安定になることがありますよね。

 

そんなときは、コマンドを使います。

 

Windowsキー + r」で、ファイル名を指定して実行 or コマンドプロンプトから以下のコマンドをそれぞれ実行すればOK

再起動

shutdown /r /t 0

 

シャットダウン

shutdown /s /t 0

 

 

現場からは以上です!

 

ではまた(#`・ω・´*)/

 

 

スポンサーリンク
しゃお:管理人をフォローする
DiyNetBank

コメント

タイトルとURLをコピーしました